読者の広場

ページ

投稿番号

投稿 11: 2015/06/13 22:10
ハンドルネーム
越中褌愛用者
年齢 性別 職業 居住地
62歳 男性 年金生活者 東京都
表題
褌の話し10
本文

随分以前の話しですが,ユニーと云うスーパーで売られていた越中褌,布地は厚めのトランクスと同じ生地でカラーも色々有った。布の縁は別布で両面を挟んで補強されており,股の部分は普通の越中褌ではストレートですが,此のユニーの越中褌は少し内方向に緩くカーブしております。前の下がり部には大きな漢字が書かれておりました。

私がコレクションして居るのは青色と小豆色の二色で,青色の方は将棋の駒の歩の字,小豆色の方は王将の字が書かれております。更に下がりの角は丸くカットされ,補強の縁は下がりの所にも施されております。

色々種類が有った様ですが,当時アングル製クラシックパンツが200~300円位の時代に800円位の値段でしたので,結構高額でした。随分ユニークな褌でしたが早くに消えました

運営者より
越中褌愛用者さんこんにちは。何年くらい前のお話か存じませんが,越中褌の商品紹介のお話ありがとうございます。越中褌は意外と人気商品で,有名無名,さまざまなメーカーが商品化しているようですね。以前東京駅の大丸で柄物の越中褌を購入したことがありますが,結構人気商品だったようです。

投稿 12: 2015/06/19 16:31
ハンドルネーム
豆狸
年齢 性別 職業 居住地
67歳 男性 無職 富山県
表題
褌の良さを知って
本文

こんにちは。初めてのお便りです。私は褌を愛用してからまだ十年です。私の場合は四六時中ゴムによるウエストの締め付けが嫌いで、夜だけ妻の手作りの越中褌でした。退職を機会にトランクスを棄てて褌生活に切り替えましたところ、大変快適な日々をすごしております。6年前から畚褌に切り替えました。日中のズボンを着用したときの違和感も全くなく、すこぶる快適です。しかし、当地方の田舎では褌はやはり不自然に映るようです、スーパー銭湯はトランクスになります。本当に悔しく残念です。1日も早く世間からも認めてもらえ日が来ることを望んで居るところです。

運営者より
豆狸さんこんにちは。私は褌を常用し始めてまだ3年ほどしか経っていないのですが,ゴムの締め付けがないゆるゆる感が良く,豆狸さん同様大変快適な日々を過ごしております。こんなことならもっと早く常用しておれば良かったと思っているところです。私はスーパー銭湯も平気ですが,都会に住んでいるからでしょうか,特に人目を気にすることもないです。

投稿 13: 2015/07/07 21:13
ハンドルネーム
越中褌愛用者
年齢 性別 職業 居住地
62歳 男性 年金生活者 東京都
表題
ふんどしの話し
本文

ヤップ式褌御存知でしょうか?ヤップ島は石のコインで有名ですが,其の他に公式の場では男性は褌を身に付けております。ヤップの褌は日本の六尺と同じ様に長い布を腰に装着しますが,少し日本の六尺と違うのは,前と後ろに其々前垂を下げる事です。試しに私の普段使用して居る六尺で同じ様にしてみました。簡単でした。前垂れは膝位の長さにして横褌に廻し,後ろで立褌絡ませて縛り,余りを後ろに垂らすだけでした。普通に後ろへ締め込んで前袋を作るより下げた方が楽でした。

運営者より
ヤップ式褌のご紹介ありがとうございます。日本でも,お祭りなどの場では褌は表着としての役割をもちますので,ヤップ島でも公式の場では褌を身に着けるのでしょう。おそらくヤップ島の褌は,南洋の青空に映える美しい原色の生地を使っているのではないかと推察します。

投稿 14: 2015/07/27 19:09
ハンドルネーム
越中褌愛用者
年齢 性別 職業 居住地
62歳 男性 年金生活者 東京都
表題
褌話
本文

私もそうですが越中褌を愛用されて居るお方は可也拘りが有るのでは。
例えば紐の幅,布の長さと幅,前垂の大きさ長さ,布の端の篝の有無,装着のおり緩く身に付けるのか,きちりと身に付けるのか,等。
私は少し緩めで前垂れ膝位がベストと思います。
ー越愛ー


運営者より
人にもよると思いますが,越中ふんどしを長く用いていると,おのずと自分好みというか,自分が楽なふんどしの形状や締め方に決まってくるように思います。越愛様が挙げて下さった以外にも,生地の質や色,柄・模様へのこだわりもありますね。

投稿 15: 2015/08/29 15:25
ハンドルネーム
1151
年齢 性別 職業 居住地
       
表題
読者の広場
本文

アンケート、読者の広場、楽しく読ませて頂いております。

「海どじょう」様の投稿を読んで、私も思い出したことを一言。
戦時中のことですが、私も川で投網を打ったことがあります。
「もっこ」で投網を打っていたのをご覧になったとのことですが、尤もなことだと思いました。越中だと前垂れが邪魔になるし、常時褌のズレを気にしなくてはなりません。「もっこ」だと、黒猫同様、そのようなことは全く気にする必要なしで作業ができます。また、川の中ですから、前袋の透けも気にならなかったのでしょう。
終戦後の闇市で「もっこ」が売られていました。勿論手製ですが、越中より布地が少なくて出来たからでしょう。

「読者の広場」を楽しみにしております。

運営者より
1151さんお久しぶりです。川で投げ網をするのに六尺や越中ではなくもっこが用いられていたというのは,海どじょうさん同様,新証言ではないでしょうか?戦時中や戦後間もなくのころは,布地が貴重で,もっこが注目されていたのでしょうね。

投稿 16: 2015/09/06 11:41
ハンドルネーム
じんじん
年齢 性別 職業 居住地
61歳 男性 会社員 兵庫県
表題
兵庫県しそう市山崎の生谷温泉での出来事
本文

兵庫県しそう市山崎の生谷温泉での出来事。
露天風呂でゆっくり過ごし、膝にタオルを置いただけで、ほってった身体を扇風機の風で冷ましておりました。
後から上がって来た人が、身体を拭いてから、整髪用のドライヤーで股間に風を当て始めました。
ちょっと引っかかるものがあり、「蒸れるのなら越中褌を締めろ。」と思ったこともあり、愛用の麻越中褌を締め、タオルをシンクで洗いに行きました。
その人はそそくさと、褌ではなくトランクスを穿いて、着衣し出て行きました。
それはそれで良かったのですが、隣のロッカーで、お孫さんと来られたお年寄りが、脱衣しておられました。
お孫さんが私のリュックを引っ掛けたのに、「すみません、すみません。」と実に丁寧に謝られました。
私は渡世人ではありません。ただの会社員です。越中褌常用の認知度の低さを実感した一時でした。
越中褌の利点の一つに、ズボンを脱がなくても、褌を換えられることがあります。
趣味で日本ミツバチを飼っております。
蜂蜜は粘度が高く、気温が下がると搾り作業に時間がかかります。
その為、採蜜は8月末から始まります。
刺されないように、厚手の作業服に、長靴、面網装着での作業です。
当然汗みずくになります。褌だけでも交換したくなります。
上から交換用の褌を重ねて締め、下の褌の紐を解いて引き抜いて交換します。局部を曝すことなく交換が出来るので便利です。
屋外作業者の方たちには便利な方法と思うのですが、認知されるまでには時間を要すのでしょうね。
越中褌常用が拡がれば、弛みきったこの国も、少しぴりっとしますが。

運営者より
じんじんさん,こんにちは。ふんどし常用の認知度は,確かに低いのですが,私はスーパー銭湯などでふんどし姿を人前にさらして,不快な思いをしたことがほとんどないのです。ほとんどの人は気にしないか,気にしないふりをしています。
ふんどしは,ズボンを脱ぐことなく交換できるので便利です。極寒の地で勤務する南極越冬隊員の方が愛用していたと聞いたことがあります。

投稿 17: 2015/09/13 13:42
ハンドルネーム
輝爺
年齢 性別 職業 居住地
71歳 男性    
表題
HP拝見しました
本文

私は71歳。昔は下着はふんどしが普通のことで自分も成人したらふんどしを締めようと思っていましたが、最近は締めていると珍しがられます。

六尺ふんどしの締め方で以前近所のおじいさんが変わった締め方をされていたのを思い出し締めてみました。一般的な締め方の真反対と思えるのですが締めてみるととてもしっくりして締めやすいので、お伝えいたします。

まず腰に回し、後ろで交差させて仮止めします。次に後ろから前に股を通してよこみつをくぐらせ再度後ろに廻し仮止めした端と交差させて出来上がり。一般的な一方を担いだやり方より、端を簡単に決めることができるので楽かもしれません。

1
(1)
2
(2)
3
(3)
4
(4)
5
(5)
6
(6)
7
(7)
8
(8)
9
(9)
10
(10)
運営者より
はじめまして。お便りありがとうございます。
六尺ふんどしの締め方ですが,これは昔からいろいろな人が工夫をしながらいろいろな締め方をしてきたと思いますので,ご紹介の方法もアイディアの一つなのでしょうね。
大変参考になる情報をありがとうございました。

投稿 18: 2015/09/15 08:24
ハンドルネーム
モロボシダン
年齢 性別 職業 居住地
51歳 男性 自動車整備 岐阜県
表題
愛用のふんどし
本文

私は仕事でツナギを着ているのですが、安全上、真夏でも長袖の状態でトランクスでもかなり蒸れます。ふんどしにしてからは、一時的に汗で身体に張り付く事はありますが、直ぐに乾き快適に作業が出来ます。真冬だとトランクスでは陰嚢が冷えて痛い程でしたが、ふんどしだと暖かく、不思議な下着です。

さて、田舎に住んでいるので、ふんどしの入手が困難です。デパートでアングル製を購入したのが初めてです。数年前には、しまむらにレナウン製が置いてありましたが、今は販売していません。ドラックストアで、T字帯も試してみました。男ではピップ製が丁度良いサイズです。しかしどれも、いまいち、しっくり来ず長く締める事はありませんでした。ところが、高山市のスーパーマーケットで稲田布帛工業所製のふんどしをみつけ、同じ物を6丁所有しています。手絞り部屋干しでも直ぐに乾くので、普段は3丁あれば充分です。

運営者より
モロボシダンさんこんにちは。地方に住んでいると,ふんどしの入手に難儀をすることがありますね。デパートやスーパーの店頭にない場合も多くあります。私はもっぱらインターネットの通販を利用しています。

投稿 19: 2015/09/16 16:18
ハンドルネーム
越中褌愛用者
年齢 性別 職業 居住地
62歳 男性 年金生活者 東京都
表題
ふんどし話
本文

先日下ろし立ての越中褌を付けて出掛けました。何時もは,アングル製のクラシックパンツなのですが,此の日は別な会社の越中でした。布幅は少し狭く,長さも90cm位。体に付けると前垂れが小さく可愛いらしい越中でした。

出先でトイレで用足ししようした時ふと気ずくと何と紐は腰にきちんと巻き付いておるのに布は何処かに行ってしまってました。前垂れが短い為か歩き廻っているうちに外れてしまったのでした。こんな事初めてでした。

越中褌は他の褌に比べると緩み易い弱点がありますが,其れがまた越中褌の良い点かも知れません

運営者より
昔からあてとふんどしは向こうから外れると言いまして,私もいつの間にか越中ふんどしが外れているということは,しばしば経験します。

投稿 20: 2015/09/16 16:18
ハンドルネーム
海どじょう
年齢 性別 職業 居住地
64歳 男性 年金生活者(兼団体職員) 山口県
表題
下着は越中褌、水着は六尺褌
本文

以前「褌の証言」に小中学校時代(昭和30年代後半)に、六尺褌を締めて学校での水泳訓練や夏休み中の水遊びをした経験を書いた、海どじょうです。「読者の広場」投稿者の中に越中褌愛用者がいらっしゃるようですが、私も高校を卒業した年から越中褌を下着として愛用してきたので、そのことを中心に少し書いてみることにします。

私は、高校3年生(昭和43年)の秋に、水泳の実技試験の時に水泳パンツを忘れたため、やむを得ず学校の貸出用六尺褌を借りて泳いだことが原因で、ひどいインキンになって、一時は歩くのも困難になってしまいました。翌年の夏になってもインキンがよくならないため、主治医の勧めで、6月から9月の間は、当時青年男性の大多数が使っていた白ブロードのデカパン(今では力士しか穿いていないようなもの)を止めて、越中褌を下着として常用するようになりました。その後30歳代半ば過ぎてからは、厳寒期の12月中旬から3月上旬以外は越中褌を使うようになり、さらに50歳を過ぎてからは、下着として一番楽なので一年中越中褌を愛用するようになりました。

仕事を定年退職した平成23年からは、関西にある小○流○水術の流れをくむ水術の道場に、夏の間だけ不定期で稽古に通うようになりました。

この道場は、「ここで教えるのはスポーツとしての水泳ではない。有事即応の実用の技としての水術だ。」というのを創設以来の基本理念としており、屋外の自然水面を稽古場にして、男性受講生は入門したての小学一年生から70才以上の高齢者まで、もちろん指導に当たる師範や師範代も、全員白六尺褌一本で、真冬もとおして一年中水術の稽古している、知る人ぞ知る90年以上の伝統を誇る道場(当流の言い方では稽古場)です。

今では一部の学校の臨海学校以外には見られない白六尺褌が、男性の水着として指定されているこの道場でも、さすがに越中褌を日常の下着としている私は奇異に思われたようで、初めて伺った年は、稽古前六尺褌に着替える時に、一緒になった小学生からは「おじさんは普段もフンドシなんか。変なの。」と言われましたし、私より高齢の受講者からも「お若いのに越中フンドシですか。今時元気のいいことですな。」と大層珍しがられて、何度か声をかけられました。

この水術道場に通うようになってから、自主練習のために地元の市営室内プールに週2回は通うようになりました。本当は半幅の六尺褌一本で泳ぐと一番調子が出て良いのですが、公共のプールではそういう訳にもいきませんので、やむを得ず20年くらい前までは競泳界で主流だったブーメランのビキニ競泳パンツで泳いでいます。

プールの更衣室でブーメランの競泳パンツに着替えていると、同年配の管理職員の方からは「今時古風な下着ですな。これは珍しい。」と、よく一緒になるやや年上の利用者の方々からは「おっ、フンドシですか。勇ましくて、なかなか格好いいですな。」と、何度か声をかけられました。

ただ、小学生の子供達やその父親世代からは、何か不思議なものをみるような目で見られている様ですし、中学生以上の若者からは、見て見ないふりをされるのが普通です。

ひとつには、11月までは、夏の屋外での水術の稽古で日に焼けた身体に、六尺褌の跡がかなり白く付いているために、余計変に思われるのかも知れません。

日常生活では、蒸し暑い日が多い6月から9月の間は、自宅にいる時はほとんど、越中褌の上にだぶだぶの半袖Tシャツか甚平の上だけを羽織って過ごしています。夏分はこれが一番快適ですし、汗びっしょりになっても簡単に洗えてすぐ乾くので、大変重宝しています。また、夜寝る時も、よほど寒い日を除き大抵この格好ですが、パジャマのようなゴムの締め付けがない分とてもよく眠れます。

越中褌は、日本の高温多湿の気候に適合した、大変機能的な下着だと思いますし、六尺褌は、足の動きが主体となる日本固有の泳ぎに適合した水着(トレーイングウエア)だと思います。

私も若い頃は、褌一本の姿を他人に見られるのはちょっと気恥ずかしかったのですが、30歳代半ばを過ぎる頃に、ボランティアの年長者の方々と一緒に褌姿(上半身にはTシャツを羽織っていましたが)で、母子家庭の親子海水浴のお世話を何回かした時に、子供達ばかりか一部のお母さん達からも、「おじさん達、気合いが入っていて、すごーい! 格好いいよ!」と好評をいただいて以来、他人の目など気にせずに堂々と褌を着用すればよいのだと達観出来るようになりました。

運営者より
海どじょうさん,長文の投稿どうもありがとうございます。私も越中ふんどしを下着として常用して3年ほどになりますが,快適な生活でもう手放せないものとなりました。水着は水褌(六尺ふんどし)に変えたのですが,最近は泳ぎに行っていないので,六尺ふんどしを締める機会もあまりありませんね。水泳道場でのふんどしへの周囲の反応など,興味深いお話をありがとうございました。

「読者の広場」では皆様からのお便りをお待ちしております。

ふんどしについてでも,世間話でも,お気軽にお便りをお寄せください。

ここをクリックするとメールソフトが開きますので,記入後送信してください。
うまくいかない場合は,メールアドレス:contribution@fundoshi-kenkyukai.org(@を半角にして送信してください。)までお送りください。その際は,「投稿」または「読者の広場宛」とお書き添えいただければ幸いです。ハンドルネーム(ペンネーム),表題,本文は必須項目です。年齢,性別,居住地,職業の記入は任意ですが,ご記入いただくと,ご投稿者のプロフィールが良くわかると思います。

なお,ご希望のハンドルネームが既に使われている場合があります。その際はまだ使われていないハンドルネームでご投稿いただきますようお願いします。アンケートにご回答いただいた方は,その際のハンドルネームと同じハンドルネームをご使用ください。ハンドルネームが本サイトでのIDの代わりとなっているためです。ご協力をお願い申し上げます。

ご希望のハンドルネームが利用可能かどうかは,こちらでお調べいただけます。

ご投稿を掲載させていただいた方には,もれなく掲示板のパスワードをお送りさせていただきます(出会い系掲示板ではありません)

公序良俗に反する投稿,他者を誹謗・中傷する投稿など,インターネットに公表する上でふさわしくない投稿は掲載できないことがあります。不掲載となった場合のご連絡は特に差し上げておりませんのであらかじめご了承ください。

ご投稿の著作権はご投稿者に帰属するものとしますが,編集工程の中で若干の字句や表現の修正をすることがあります。