読者の広場

ページ

投稿番号

投稿 71: 2017/02/14 19:19
ハンドルネーム
越中褌愛用者
年齢 性別 職業 居住地
64歳 男性 年金生活者 東京都
表題
・私の褌史・ 其の七
本文

私が十代の頃は,ツルンとして薄い生地のベンベルク製のブリーフを愛用してました。然し漸く本物の越中褌を入手出来て,其の晩興奮を抑えられませんでした。此の時の越中褌は長さ1m,まあ標準的な長さですので身に付けると前垂れは股下位でした。

其の時姿見で白の前垂れの褌姿の自分を見たら,更に興奮して仕舞いました。でも折角購入した真更の新品を汚したく無いのでブリーフに履き替えて自慰し,ブリーフを汚しました。今回は少し下品な話になり申し訳有りませんでした

運営者より
越中褌愛用者さん,こんにちは。いつも楽しいお話をありがとうございます。初めてふんどしをした時は,そうなる方が結構いらっしゃるようですね。私も初めてふんどし(手作りの越中)をした時は,子どもながら勃起してしまい,小さいながら硬直したアソコが前垂れを押し上げてぴょこぴょこして困ったのを覚えています。

投稿 72: 2017/02/22 17:30
ハンドルネーム
越中褌愛用者
年齢 性別 職業 居住地
65歳 男性 年金生活者 東京都
表題
・私の褌史・ 其の八
本文

漸く本物の越中褌を入手しましたが,普段家族に見つからぬ様,机の引き出しの奥に隠してました。三越本店で購入した越中褌ですが,其れから暫くしてある日新宿の小田急百貨店へ出掛け,又ゾロ男性用下着売り場に行きました。其処で袋にクラシックパンツと青色で印刷された商品が売られてました。白とピンク,黄色,サックス(薄い青)の四色の商品が各袋に入れられて売られてました。クラシックパンツと云うネーミングのパンツです。如何見ても普通のパンツ類とは違うのです。ひょとして此れはと思い,一枚購入しました。確か2~300円位でした。色はサックスでした。案の定中身は正真正銘の越中褌でした。ネーミングがユニークで面白く思いました。白の褌もいいのですが,色物の褌が有る事でより楽しみが増えました。

運営者より
越中褌愛用者さん,こんにちは。いつも楽しいお話をありがとうございます。アングル社製の越中褌のことかと存じますが,確かに「クラシックパンツ」という商品名で売られていました。他にも三越製品が同じ商品名で,オグラン社製品は平仮名で「くらしっくぱんつ」の商品名で売られていました。現在では,褌が以前よりは認知されてきたせいか,堂々と「褌」の商品名で売っている場合が多いようですね。

投稿 73: 2017/03/08 19:22
ハンドルネーム
越中褌愛用者
年齢 性別 職業 居住地
65歳 男性 年金生活者 東京都
表題
・私の褌史・ 其の九
本文

皆さん褌のチャームポイントは何処でしょう?私は褌のチャームポイントは前に下げた四角い前垂れではと思うのです。六尺にしろ越中にしろ,一般人の持つ褌のイメージは前垂れなのではと思うのです。トランクスやブリーフビキニ等では絶対存在しない,其の不思議なただの布・前垂れ。本来余分なだけの布なのに其れが無いと何故かしまらない。子供の頃から何故か此の前垂れが気になっていた。手拭をパンツのゴムにはさみ,どの位の長さだとカッコいいかとか鏡の前で試していました。

運営者より
越中褌愛用者さん,こんにちは。いつも楽しいお話をありがとうございます。褌の前垂れがなぜ格好いいかですが,褌の前垂れはペニスを象徴しているという説があるようです。つまり,褌によってペニスは隠されるわけですが,その代わりに前垂れでペニスを表しているのではないかということです。随分前に,ある動物行動学者がそういう説を唱えているということを読んだ記憶があります。

投稿 74: 2017/03/15 19:09
ハンドルネーム
海どじょう
年齢 性別 職業 居住地
66歳 男性 年金生活者(兼団体職員) 山口県
表題
六尺褌の耳(長辺)を縁縫いしますか?
本文

「褌の証言」で、50年以上前の昔話を書いている海どじょうです。

皆さんは、泳ぐときに締める六尺褌の耳(長辺)を縁縫いしていますか? ネットの通信販売で買える六尺褌は、すべて耳が縁縫いしてありますし、中には両端も何回も折り込んで厳重に縫い止めしてある物があります。

私が、小学生の頃に締めていた祖母手作りの白六尺褌(幅12㎝、長さ210㎝くらい)も、両耳が3mm幅くらいで縁縫いしてありました。しかし、国立大学の附属中学校で締めていた指定の赤六尺褌(幅15cm、長さ220cmくらい)は、洋生地を幅15cmで縦に裂いただけで、縁縫いはしないままで販売されていました。

当時、体育主任教官のH先生からは、

「水泳用の六尺褌は、耳の縁縫いはしない方がベターだ。確かに縁縫いをしておけば、洗って干すときにきちんと広げやすいし、褌自体も長持ちする。しかし、水泳訓練で毎日長時間泳ぐときには、縁縫いしてあると股ずれが出来やすくなる。だから、附中の赤六尺は、少し細めにして縁縫いをさせないことにしているのだ。」

と、教えられていました。

中学2年生の時に行われた臨海水泳訓練では、一度海に入ると30分間は続けて泳がされました。この訓練の時は、白新モスを半分に裂いただけの幅18cm・長さ230cmの六尺褌を締めて泳ぎましたが、午前午後で延べ4~5時間は泳ぐと、夕方海から宿舎に帰ったとき、太っている子は褌が当たる股のところが赤く腫れていました。

私が定年後に通っている水術の道場では、最初のうちは褌屋から買った縁縫いのしてある浴衣晒しの白六尺褌を使っていたのですが、少し泳げるようになって、1回200mずつ何回も煽り足平泳ぎで泳ぐようになると、やはり股ずれが気になってきました。私は身長164cm、体重68kgの小太り親爺なので、今年の夏は、以前使っていた洋生地・キャンブリック(売っている生地の幅は112cm)のオフホワイトの生地を、25cm幅に裂いただけの六尺褌を締めて泳ぎました。これだと、ほとんど股ずれになる気遣いはありません。

皆さんは、まじめに游ぎの練習するときの六尺褌はどうしていらっしゃいますか?

運営者より
海どじょうさん,こんにちは。水泳で使用する六尺褌は耳を縫った方が良いか,縫わない方が良いか,という問題ですね。海どじょうさんの中学校では縫わないものが指定されていたこと,またその理由が,長時間の遊泳でも股ずれを起こしにくくするためであったこと,大変興味深く拝読しました。私の場合は,そもそも本格的な水泳をしませんので,縫っても縫わなくてもあまり関係ありません。現在の褌学校では,私が知る限りでは縫わないものを使うケースが多いようです。読者のみなさんはいかがでしょうか?


投稿 75: 2017/03/22 16:37
ハンドルネーム
越中褌愛用者
年齢 性別 職業 居住地
66歳 男性 年金生活者 東京都
表題
・私の褌史・ 其の拾
本文

褌と云えば越中褌が一番ポピュラーですが,御承知の如く他に六尺褌・畚褌・黒猫褌・割褌が有ります。

此の内私が子供の頃から家に有ったのは黒猫褌でした。当時海水パンツの下にサポーターの替りに黒猫褌をするのが一般的でした(大人は)。家に有った其の黒猫褌は父親のでした。時々箪笥の中から取り出しては身に付けてました。何か不思議な雰囲気ですが,当時何故か馴染めませんでした。其れと云うのも褌と云えば前垂れが有るべきなのに,黒猫褌には其れが無いのが不満でした。当たり前ですが黒猫褌は前垂れが無いからサポーターの替りになったのですから。現在も此の黒猫褌は残ってます。

運営者より
越中褌愛用者さん,こんにちは。今回は黒猫褌のお話ですね。前垂れがないから褌らしくないと子ども心に感じられていたとのことですが,実は私も子どもの頃はじめて(前袋式)六尺褌を知ったとき,同じように前垂れがないので褌らしくないと感じていました。今は,(前袋式)六尺褌も黒猫褌もそれぞれ格好良いと感じていますが,子ども心には越中褌のような前垂れのある褌が格好良いと感じられたようです。

投稿 76: 2017/03/31 19:08
ハンドルネーム
越中褌愛用者
年齢 性別 職業 居住地
66歳 男性 年金生活者 東京都
表題
・私の褌史・ 其の拾壱
本文

70年代始め頃から,東京で越中褌を常時販売するデパートが現れ始めました。先ず日本橋の三越百貨店男性下着売り場で白越中褌を販売,続いてアングル社製クラシックパンツが新宿小田急デパート,京王デパート,銀座松屋銀座と上野松坂屋,池袋東武百貨店,西武百貨店で販売されました。クラシックパンツは四色でした。渋谷東急百貨店ではおそらく後の梨園染製越中褌を販売,色数は不明。新宿伊勢丹では荒川製の越中褌,色数は五色。三越は其の後別なメーカーの越中褌を販売,色数は十二色。新宿三越地下安価衣料品売り場では別な越中褌を販売,色数は四色。新橋京急デパートでは白の越中褌を販売。東京大丸ではレナウンの越中褌を販売。デパート関係は大体こんな感じでした。

東急の越中褌は布の長さが120cmで一番長い。一番短い布の長さは新宿三越地下安価衣料品売り場の越中褌が90cm。当時販売されていたクラシックパンツは布長さ100cm。伊勢丹の越中褌は110cm位でした。

大丸のレナウン製は地布が晒ではなくパイル地でした。唯紐がテープ紐でしたので紐を腰に締めても自然に緩んだり,外す時紐が絡んで外れにくくなって不便でした。

デパート関係はこんな感じでした。次回は総合スーパーと小売店関係を述べます

運営者より
越中褌愛用者さん,こんにちは。今回は東京のデパートでの越中褌販売事情のお話ですね。大変詳しく書いていただきどうもありがとうございます。貴重な証言ですので「ふんどしの証言」コーナーに掲載しようかとも思いましたが,「私の褌史」として連載されていますので,連載の続きとしてこちらに掲載させていただきました。ここまで緻密に昔の越中褌販売事情を記した記事は他にないのではないでしょうか。続きが楽しみです。よろしくお願いします!

投稿 77: 2017/04/01 17:21
ハンドルネーム
越中褌愛用者
年齢 性別 職業 居住地
66歳 男性 年金生活者 東京都
表題
・私の褌史・ 其の拾弐
本文

前回は私が若い時代の東京に於けるデパートにおける褌販売状況を述べました。今回は其の後についてと総合スーパー及び一般小売店における褌の販売状況を述べます。

三越新宿店銀座松坂屋は閉店。松屋は現在褌は置いてません。東武百貨店京王デパート,小田急百貨店松坂屋上野店では相変らずアングルみゆきのクラシックパンツを置いてます。伊勢丹では呉服売り場で販売してますが店員に言わないと出してくれません。今も白褌は荒川製を置いてます。色物と柄物は梨園染製を扱ってます。大丸ではアズ製の褌を置いてます。尚デパートによってはスカーフ地で作られた越中褌が有りますが,高価です。小田急百貨店ではバレンタイン時期にふんどしの日として数日間モザイクモールで展示販売会を開いてます。

総合スーパーの状況に付いて述べます。以前褌を販売していたのはスーパーダイエー,ユニー,東急ストアー,西友でしたが現在は何方も販売はされなくなりました。西友では五色位販売してました。生地は少し固めの綿製でした。確か西友で下がりに浮世絵をプリントしたのが一時販売されてました。ユニーでは少し洒落た褌を販売してました。下がりの歩とか王将とかプリントしたのが売られてました。ユニークな所では,東急ハンズのバラエティーグッズ売り場でお茶目クラブ製褌を販売してました。現在は白と赤のみ販売してます。

小売店関係では巣鴨地蔵通り商店街の店名失念では魚辺漢字をプリントした褌等販売されてます。淺草仲見世の上総屋ではオリジナル製越中を販売してます。サイズがMとL二種類出してます。他に柄物の六尺も販売してます。同じく淺草の祭り用品販売の安達屋では梨園染褌と反物から切り出してくれる六尺も販売してます。以上長々述べました。

運営者より
越中褌愛用者さん,こんにちは。今回は東京のデパートでのその後と総合スーパー,一般小売店編ですね。今回も大変詳しく書いていただきどうもありがとうございます。このように,特定のことがらについて事実を書き留めておくと,後々の人にとって貴重な史料になります。ですので,今回の記述は,20世紀末期の東京でこのように褌が販売されていたという事実を示す資料として大変貴重なものです。褌と一言で言っても店舗によってずいぶん違う物を出している(た)ことがよく分かって面白いですね。今後ともよろしくお願い申し上げます。

投稿 78: 2017/04/09 00:32
ハンドルネーム
sugi
年齢 性別 職業 居住地
40歳 男性 会社員 東京都
表題
「六尺褌の耳(長辺)を縁縫いしますか?」について
本文

ふどしさん

ごぶさたしています。sugiです。ちょうど海どじょうさんの証言が出ていたので、ひさしぶりにメール差し上げました。

私もはじめて水褌で泳ぐ際は両耳を縫ってない状態でした。縫っていた仲間もいたようですが、両耳を縫うと成長(背が?)が止まるという迷信(というか言い伝え?)があったようです。ある方から聞くと海軍さんも縫っていないままだったようです。

下着として使用するようになってからは、両耳を縫ってもらっていますが、水褌は両耳を縫わないほうが多いかもしれません。また思い出したらメールさせてください。

sugi

運営者より
sugiさん,こちらこそご無沙汰しています。はじめて水褌で泳がれたのは,ボーイスカウトの時でしょうか?「両耳を縫うと成長(背が?)が止まる」というのは面白い言い伝えですね。ちなみに,ボーイスカウトで使われた赤ふんは,呉服店で売っている新モス赤の縦2つ折りでしょうか?またボーイスカウトの赤ふんの思い出話でもお寄せ下さい。

投稿 79: 2017/04/09 20:55
sugi
年齢 性別 職業 居住地
40歳 男性 会社員 東京都
表題
Re: 「六尺褌の耳(長辺)を縁縫いしますか?」について
本文

ふどしさん

こんにちは。ご連絡ありがとうございます。

はじめて水褌で泳いだのは、1985年の夏、ボーイスカウト(カブ隊の8歳)でした。その年は秩父・浦山川の沢登り、次の年は山梨・道志川、その次の年は越後中里だったと思います。その時のエピソードは、前々から投稿します、と言って遅くなり申し訳ありません。(近々お送りします)

いまのボーイスカウトは女の子もいますので、赤ふんの隊はかなり減ったのだと思いますが、ちょうどさっき実家に戻っており、祖母や後輩に聞いたところでは「両耳はすぐ裂けるように縫わないという説と(背の)成長が止まるという説」という理由があったそうです。ボーイスカウトとして特に決まり(両耳を縫う・縫わない)があるわけではなく、周囲ほとんど縫っていなっかったと思います。

赤ふんは、私はカラー木綿(モス?)の全幅(折らないまま)でしたが、中には半幅の者もいたようです。実際に買いに行った際、いまはもうなくなった呉服屋さんのおかみさんに「ふんどし用の赤い布ください」と言ったら、全幅で180cmの赤い布を売ってくれました。(400円くらいでした)逆にいま、下着として用いている褌は、両端を縫ってもらっています。そのほうが洗濯機で絡みにくい?ようです。

後年、半幅の水褌で遠泳しましたが、全幅よりは半幅のほうが足さばきしやすいですね。ちなみに、一度軽く湿らせて締めると泳いでいても緩まずに泳げますよ。

sugi

運営者より
sugiさん,ご返信ありがとうございます。両耳を縫わない理由に「すぐ裂けるように縫わない」と「縫うと(背の)成長が止まる」の2説あるというのは面白いですね。「すぐ裂けるように縫わない」というのは納得できる理由ですが,どうして「縫うと(背の)成長が止まる」のでしょうか?想像するに,縫うと成長が止まるといっても,元々は短辺方向を縫うと成長が止まるという意味だったのではないでしょうか。それだとイメージ的にピッタリします。言い伝えられている間にいつのまにか「短辺方向を」が抜けたのかもしれませんね。sugiさんの所属されていた団では,180cmの新モス(?)赤の全幅か半幅を使われていたのですね。小3くらいだと丁度良い長さでしょうか。またボーイスカウトのエピソードなどお送りください。よろしくお願いします!

投稿 80: 2017/04/16 21:37
ハンドルネーム
越中褌愛用者
年齢 性別 職業 居住地
66歳 男性 年金生活者 東京都
表題
・私の褌史・ 其の拾参
本文

先回迄は,私が若い頃の東京に於ける褌販売事情を述べました。今回は最近のデパートでの褌販売事情を少しだけ述べます。

最近は多くのデパートやスーパーでの褌販売は減りました。特にスーパーでの販売は壊滅状態です。デパートも一部を除き扱う所が減りました。今でも扱う所ではアングルみゆきの御存知クラシックパンツが主です。東京駅の大丸でアズ製褌,新宿伊勢丹呉服売り場での梨園製と荒川製の褌,あと一部のデパートではメーカー不詳ですが絹地に柄プリントした丁度女性のスカーフ生地を褌にしたのが販売されております。唯高価ですので購入しづらいです。

ふんどし協会という団体が,バレンタイン時期に此処数年新宿小田急百貨店でしゃれふんという商品を中心に,通販主体の商品を展示販売するイベントを開催しております。因みに2月14日バレンタインデーですが2=ふ10=とう4=し,ふんどしの日と読ませ褌を普及させようとしてます。しゃれふんは麻地に縞柄等をプリントしてますがやはり高価です。今回は解る範囲での現状を述べました。

次回からは六尺褌に付いて述べようと思います。

運営者より
越中褌愛用者さん,こんにちは。今回は最近のデパートやスーパーでの褌販売事情ですね。現状はどこも褌の販売が減少しているとのこと,「ふんどし女子」ブームなどでむしろ褌への関心が高まっていると思っていましたので,とても意外な感じです。褌の販路が,心理的に店頭よりも購入しやすい通販に移行しているのかもしれません。2月14日=「ふんどしの日」のイベントについては,以前けもさんがレポートしてくださいました。次回の六尺褌編もとても楽しみです。今後ともよろしくお願い申し上げます。

「読者の広場」では皆様からのお便りをお待ちしております。

ふんどしについてでも,世間話でも,お気軽にお便りをお寄せください。

ここをクリックするとメールソフトが開きますので,記入後送信してください。
うまくいかない場合は,メールアドレス:contribution@fundoshi-kenkyukai.org(@を半角にして送信してください。)までお送りください。その際は,「投稿」または「読者の広場宛」とお書き添えいただければ幸いです。ハンドルネーム(ペンネーム),表題,本文は必須項目です。年齢,性別,居住地,職業の記入は任意ですが,ご記入いただくと,ご投稿者のプロフィールが良くわかると思います。

なお,ご希望のハンドルネームが既に使われている場合があります。その際はまだ使われていないハンドルネームでご投稿いただきますようお願いします。アンケートにご回答いただいた方は,その際のハンドルネームと同じハンドルネームをご使用ください。ハンドルネームが本サイトでのIDの代わりとなっているためです。ご協力をお願い申し上げます。

ご希望のハンドルネームが利用可能かどうかは,こちらでお調べいただけます。

ご投稿を掲載させていただいた方には,もれなく掲示板のパスワードをお送りさせていただきます(出会い系掲示板ではありません)

公序良俗に反する投稿,他者を誹謗・中傷する投稿など,インターネットに公表する上でふさわしくない投稿は掲載できないことがあります。不掲載となった場合のご連絡は特に差し上げておりませんのであらかじめご了承ください。

ご投稿の著作権はご投稿者に帰属するものとしますが,編集工程の中で若干の字句や表現の修正をすることがあります。